HOME >  お知らせ >  スタッフ奮闘記

お知らせ

スタッフ奮闘記~河田昭公・浜本賢二~12.11.26

広島出身の「もみじまんじゅう」です。
岡山出身の「きびだんご」です。
二人合わせて「中国キッズ」です。

入社当時、僕たち二人はその能力の高さと、期待の大きさから「大型新人誕生」などとは誰一人言うものはいない、自他ともに認める「体だけ大型新人の誕生」でした。
そんな僕たちも入社から数年の時を経て、親戚の子供から「おじさん」と呼ばれても否定するのがはばかれる年齢になってしまいました。
以前なら、軽々と越えられていたダンプの荷台も、思わず「よっこいしょ」と言ってしまう始末です。
以前なら、お客様から口頭でいくら多くの注文をされても覚えられていたのに、最近では3つ以上言われるとかなりあわてます。
毎日顔を合わせている人の名前が突然でてこなくなることだってあります。
間違いなく「中年病、中年3重苦」です。

「中年3重苦」をかかえながらなぜここにいるのか時々考えます。

僕たちは、真夏でも真冬でも一日の大半の時間、外で仕事をします。
僕たちのお客様の多くも僕たちと同じような環境、いや、僕たち以上に厳しい環境で戦われている方がいるかもしれません。
そんなお客様方が時々僕たちの商品に対して、僕たちの仕事に対して感謝の言葉だったり、ねぎらいの言葉をかけてくれたりします。

僕たちの会社には様々な年齢の方がいます。僕たちより20歳以上年齢が上の方もいます。そんな先輩方が僕たちと同じように、いや、僕たち以上に戦っています。
僕たちより10歳以上若い後輩もいます。賢くて、さわやかで、とてもがんばり屋です。
周りから世代交代と映っていないかとても心配です。
僕たちには家族がいます。励ましあい、支えあいともに戦っています。
僕たちには、「中年3重苦」を越えられる理由があります。越えていかなければならない理由があります。


中国キッズ、「もうひとがんばりするけぇ」




スタッフ奮闘記 ~佐々木 悠~12.06.28

 私が入社して約半年、毎日新しいことがあり、四苦八苦しながら頭にいれ、メモに書きを繰り返しながら整備を行っています。
先輩方はとても優しく、私のしつこい質問にも丁寧に教えてくださり、とても感謝しています。
整備も大事ですが、お客様あっての仕事という指導のもと、お客様が気持ちよくレンタルして頂けるようにどうすればいいか考え、
走り回る毎日です。仕事を覚えて恩返しできるよう頑張ります。
 お客様はとても器が大きく、新人の私にわからないことがあってご迷惑をおかけしても嫌な顔をせず待っていていただけたりする
ので、早く草加の小物修理は佐々木に任せろ。と言えるよう頑張りますのでどうぞよろしくお願い致します。



スタッフ奮闘記~大島 直気~12.06.21

入社6ヶ月の大島です。
まだ機械の名前や整備方法など覚えている最中です。
とてもたくさんの種類があるので覚えるのが大変ですが
お客様の為、自分の為に頑張っています。
朝と夕方は受け渡しをして、日中はリース機やお客様の
機械を整備しています。
まだ解らない事ばかりですがお気軽にお声をかけてください。

ホームページをリニューアル致しました。11.03.01

 いよいよ待ちに待った山本機械産業のコーポレートサイトがアップされました。今までネット上から情報を発信していくことがなかったわが社。B to C レンタル事業のWEBサイト "機械レンタル市場"のオープンとともに、山本機械産業のホームページもリニューアルいたしました。イメージ重視の企業WEBサイトが多い中、身の丈にあった、会社の特徴と企業風土を少しでもお伝えできるようなWEBサイトにしようと意識したつもりです。こてこての人間臭さあり過ぎのWEBサイトなってしまいましたが、私たちの熱い思いをぜひご覧ください。建設機械器具をとおして豊かな街づくり貢献することをモットーとし、今後とも鋭意努力していく所存ですので、皆様の温かなご支援・ご愛顧を賜れますよう宜しくお願い申し上げます。皆様とお会いできるのを各拠点スタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

このページの上へ